COLUMN

都市部における交通課題調査

都市部における交通課題調査

PDF

このたび紀尾井町戦略研究所は、株式会社Azitからの委託で、都市部における交通課題についての調査を行いましたので、その結果を公表します。

subtitle subtitle

調査目的

subtitle subtitle

・各種交通手段が発達している東京23区(+三鷹市、武蔵野市)における交通課題を可視化、利用者のニーズを定量的に分析する。
・互助モビリティサービスCREWの利用者に対して、その利用理由や利用後の行動、意識の変化について探る。

主な調査結果
―都市生活者の約半数が日常での移動に不快感や不便さを感じているものの、そのほとんどの人は“我慢して移動”している状態
―都市の移動課題解決に必要なのは“既存交通機関の拡充”、互助モビリティにはその補完的役割が期待されている
―CREW利用者では“時間帯や場所を気にせず、外出するようになった”という変化が見られるが、CREWのような互助モビリティサービスに期待することは“既存交通機関がないときの補完的役割”

subtitle subtitle

1)都市生活者(東京23区、三鷹市、武蔵野市に在住・在勤・在学者)調査
■都市生活者の約46%が普段の外出時の移動に関して、何らかの不快感や不便さを感じている。
(図表1)

english

■不快感や不便さを感じている人にその内容を聞いたところ、「自宅から最寄りの鉄道駅までの移動」(43%)、「買い物の行き帰り」(37%)、「勤務地・学校から最寄りの鉄道駅までの移動」(32%)など日々の生活に欠かせない移動が上位に並んだ。
(図表2)

english

■不快・不便を感じる7つのシーン別にその曜日や時間帯、状況、対処法を聞いた。
時間帯:「平日朝(6~10時)」「平日夕方以降(17時~24時)」が高い。
(図表3)


状況:「雨や雪など天候が悪いとき」、「荷物が多いとき」、「バスや公共交通機関が混雑している」が特に不快・不便を感じる状況。
(図表4)


対処法:いずれの状況においても「不快だが、我慢して移動した」が最も高く、都市生活者は移動に関して “我慢”をしていることがわかる。
(図表5)


■現在感じている、都市の移動課題を解決できそうなサービスについて聞いたところ、「終電後の乗り合いバス(都心の主要駅~郊外の主要駅)ができる/増える」が39%と最も高く、次いで「タクシーが増える」(31%)という結果。都市の交通課題解決のために、既存の交通機関の拡充を望む声が多い。
(図表6)



■CREWのような互助モビリティサービスについての認知と利用はかなり低い。
(図表7)


■安全対策がなされた互助モビリティサービスに期待することは、「公共交通機関が止まったときに移動手段が増えて便利になること」(47%)、「公共交通機関がない早朝や深夜などに移動手段が増えて便利になること」(46%) など既存の交通機関の補完的役割。
(図表8)


2)CREW利用者(ライダー)調査
■CREWサービスに乗車する理由は、「公共交通機関がない時間帯でも利用できるから」が59%と最も高く、次いで「気軽に利用できるから」(54%)。
(図表9)


■CREWサービスを利用するようになって感じている、移動についての変化は「時間帯や場所を気にせずに、外出するようになった」が56%と最も高い。また、「移動の回数が増えた」(20%)、「タクシーに乗る機会が増えた」(9%)など移動そのものが活性化している様子も伺える。
(図表10)


■互助モビリティサービスには「公共交通機関がない早朝や深夜などに移動手段が増えて便利になること」への期待が71%と最も高く、次いで「公共交通機関が止まったときに移動手段が増えて便利になること」(45%)と言う結果。CREW利用者も都市生活者同様、互助モビリティに既存の交通手段に対する補完的役割を期待している。
(図表11)


english

調査概要

subtitle subtitle

調査対象者
        20歳以上男女
調査方法
        インターネット調査
調査時期
        2019年5月
主な調査内容
        本調査では
        「自宅から最寄り駅への移動における不便や不快感」
        「最寄り駅から通勤・通学までの不便や不快感」
        「仕事中の移動における不便や不快感」
        「飲み会などの行き帰りでの移動の不便や不快感」
        「買い物の行き帰りでの移動の不便や不快感」
        「通院の行き帰りでの移動の不便や不快感」
        「子供の送迎や介護の付きそいにおける移動の不便や不快感」
        の7つのシーン別にその時の曜日や時間帯、状況、対処法などの実態を調査した。

english

本資料・データの使⽤・掲載について

subtitle subtitle

本資料・データを使⽤・掲載される際には、必ず下記の出典を明記してください。
 「都市の交通課題についての調査結果」(紀尾井町戦略研究所 委託調査)

以 上

english






お問い合わせ先

subtitle subtitle

紀尾井町戦略研究所 研究室
メールアドレス contact@ksi-corp.jp
URL https://www.ksi-corp.jp/

english

CLOSE

EN