COLUMN

<Web調査> 1000人に聞いてみました 「特別定額給付金10万円(新型コロナ感染症緊急経済対策)、どう思ってる?」

<Web調査> 1000人に聞いてみました 「特別定額給付金10万円(新型コロナ感染症緊急経済対策)、どう思ってる?」

PDF

調査の背景

subtitle subtitle

 新型コロナウイルス感染症の緊急経済対策として、特別定額給付金(一人当たり10万円)の給付が行われています。現在、どの程度の人が減収したのか? 給付金の使い道や満足度は?郵送v.sオンライン、どちらの申請方法を取ったの? などなど、このアンケートでは、給付金の申請と受給の状況についてアンケートを行い、1,000人の方から回答を得ました。

english

調査結果サマリ

―新型コロナ感染症により減収した人の割合は36.6%、特に影響のなかった人の割合は約63.3%であった。

―給付申請は、9割以上が郵送を選択していた。その理由のうち、5割近くを占めたのが「マイナンバーカードがないから」であった。また、「オンライン申請が上手くいかなかった」というケースも2割超あった。

―給付のスピードについては、「満足」、「非常に満足」という結果が6割以上を占め、「不満」、「やや不満」の割合は3割半ばという結果であった。支給に反対する人の割合は1.5%と、非常に低い結果となっている。

―給付金の使い道のうち、最も多かったのは「食料、衣服等の生活必需品の購入や医療費」であり、35%程度であった。次に多かったのは「貯蓄」であり、30%程度であった。

―給付金が支給された/支給されることにより、23.5%は「生活が困窮していた/もしくは今後困窮すると思われるため役立った」と回答しており、42.7%は「困窮はしていないが生活の維持に役立った」、23.8%は「自由に使える資金として役立った」としている。

subtitle subtitle

調査結果まとめ

subtitle subtitle

調査結果は以下の通りである。

english





調査方法

subtitle subtitle

インターネット上でのアンケート
※Yahoo!クラウドソーシング(https://crowdsourcing.yahoo.co.jp/)を活用

english

調査期間

subtitle subtitle

2020年7月30日(木)1日間

english

調査数

subtitle subtitle

1,000人

english

本資料・データの使⽤・掲載について

subtitle subtitle

本資料・データを使⽤・掲載される際には、必ず下記の出典を明記してください。
 <Web調査> 1,000人に聞いてみました 「特別定額給付金10万円(新型コロナ感染症緊急経済対策)、どう思ってる?」(紀尾井町戦略研究所 調査)

以 上

english






お問い合わせ先

subtitle subtitle

紀尾井町戦略研究所 研究室
メールアドレス contact@ksi-corp.jp
URL https://www.ksi-corp.jp/

english

CLOSE

EN